北陸で水揚げされる魚

春の魚

【いわし(ニシン目イワシ科)】

大衆魚として親しまれているイワシの仲間には、マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシなどがいますが、通常イワシと呼ぶ場合にはマイワシのことです。 マイワシは背と腹の境目に1列もしくは2列に7つほどの黒い斑点があり、カタクチイワシは片口という名のとおり上アゴが下アゴよりも相当長くなっています。 ウルメイワシもその名のとおり、目が潤んだように見え、背びれが腹びれより前にある点が特徴です。ウルメイワシ、マイワシ、カタクチイワシの順に小さくなります。

【サヨリ(ダツ目サヨリ科)】

ツンと突き出したアゴがトレードマークのサヨリは、細魚、針魚、鈴魚などの呼び名があります。日本各地の沿岸で見られ、春から夏にかけて岸辺の海草などに卵を産みつけます。美しい白い外見に似ずハラワタは真っ黒でハラグロという俗称をもっています。身は低脂肪、高タンパク質で健康食品の代表です。

【ハチメ(カジカ目カサゴ科)】

ヤナギバチメ、茶バチメ、黒ハチメ(メバル)など、種類の豊富なハチメの仲間は日常の食卓にのぼることの多い、おなじみのお魚です。 煮物や焼き物が多いですが、刺身にしてポン酢醤油にトウガラシをかけて食べるのは旬ならではの美味しさです。

【タコ(八腕目マダコ科)】

タコにはイイダコのような小型のものから大型のミズダコまで、たくさんの種類があります。一般的には、タコツボにエサをつるし生けどりにしますが、イイダコは縄に二枚貝をつるしておき、貝の間に入ったものをとります。イイダコの卵は貝殻の中などでタコがじっとしている時に成長します。そのため活動中に底引き網でとれたイイダコにはあまり卵がありません。

【タコ(八腕目マダコ科)】

タコにはイイダコのような小型のものから大型のミズダコまで、たくさんの種類があります。一般的には、タコツボにエサをつるし生けどりにしますが、イイダコは縄に二枚貝をつるしておき、貝の間に入ったものをとります。イイダコの卵は貝殻の中などでタコがじっとしている時に成長します。そのため活動中に底引き網でとれたイイダコにはあまり卵がありません。

スマートフォンサイトを表示する
© 真洋創商株式会社 All Rights Reserved.