北陸で水揚げされる魚

夏の魚

【アジ(スズキ目亜目アジ科)】

「アジは味に通ず」と言われるように、味の良さにおいては魚の中でも絶品です。通常アジと呼ぶ場合にはマアジを指します。脂も多く高カロリーであるわりに風味はさっぱりとしています。開き干しや丸干しなどはカルシウム、ミネラルの宝庫です。マアジは北海道から東シナ海まで広い範囲に分布していますが、沖合を回遊する「クロアジ」と沿岸に定着している「地つきアジ」に分けられます。

【キス(スズキ目スズキ亜目キス科)】

「キスは、透明感ある淡い黄褐色の身を持つ魚で一般的にはシロギスを指します。魚体の大きさは最大で30cm位ですが、最近は15〜20cm位のものがよく出回っています。初夏になると産卵のために砂泥地に群れをなして移動し、外的に食べられないように数回に分けて浮遊性の卵を産みます。トビウオほどではありませんが、キスも脂肪が少ないので、成人病の予防やダイエットにおすすめの魚です。

【ネジラガレイ(カレイ目ウシノシタ科)舌ビラメ】

一般的には「舌ビラメ」といい夏の貴重な魚のひとつです。ムニエルが有名でフランス料理の代表ですが、煮物や塩焼きなどでも食卓に日常的に登場するこの魚は、石川県では「ネジラガレイ」と呼ばれます。名前にはヒラメあるいはカレイとありますが、実はどちらの仲間でもなく、ウシノシタ科に属する魚です。 この魚の旬は6月〜8月です。旬をはずすと味がガクンと落ちてしまいますから、この時期を逃さないようにして下さい。石川県では刺網と定置網でとれます。

【トビウオ(ダツ目トビウオ科)】

その名の通り、海面から高さ2m位のところを400mも飛ぶトビウオ。日本近海に約20種類が生息しますが、石川県でとれるのはホントトビウオで丸トビ、角トビに分類されます。脂肪が少ないが、タンパク質は青背の魚の中ではトップクラスで、美容にもとても良い魚といえます。身軽な姿から、トビウオを食べると脚気にならず脚力が強くなると言われています。産婦には母乳の出が良くなると言われています。

【アマダイ(スズキ目アマダイ科) 】

本州中部以南の南シナ海にかけて分布し、水深30mから150mの下層にいることが多い魚です。日本海でもっとも一般的にとれる「赤アマダイ」を石川県では「アマダイ」と呼びます。四角いおでこが特徴のアマダイは、体色の赤いところから「タイ」の仲間と思われますが、細長で黒い体色の「スズキ」の仲間です。タイに似てウロコが赤く、味わいがほのかに甘いところから「甘ダイ」と呼んだということです。

【イカ(較体動物門頭足網) 】

世界的に約500種類もいるイカ。市場によく出回っているのはスルメイカ、アカイカ、ヤリイカ、モンゴイカ、ホタルイカなどがあります。内湾の沿岸に寄り海草や沈んでいる木枝に房状の卵のうを産みつけます。夜間の集魚灯の光に群集する行為でも分かるように、イカの持つ一対の眼は大変高度なものです。カロリー、タンパク質ともに一般の魚に比べ少なめですが、銅が多く含まれ造血に重要な役割をもっています。日本人の摂取量は世界の漁獲量の約半分を占めているほどで、イカ好きとして知られています。

【貝 】

世日本海では北陸以南の淡水の流入する浅い砂泥底に生息しています。ハマグリは栗の形に似ていることから「砂栗」の名前で呼ばれるようになりました。バイ貝は石川県ではエッチュウバイ(越中バイ)のことをいいます。日本海の水深200〜500mの砂底に生息しています。これらの貝類は鉄分たっぷりでしかも低脂肪なので、美容と健康が気になる女性にとってはとても嬉しい健康食品です。

スマートフォンサイトを表示する
© 真洋創商株式会社 All Rights Reserved.